「ハイフィンガー奏法」はマイナーだった

1ギコ踏んじゃった2010-06-07 23:12:38

「ハイフィンガー奏法」が日本で多数派だったことなどほとんどない。

騙されないように。

25ギコ踏んじゃった2010-06-08 23:50:53

つか、ハイフィンガー奏法は中村紘子の造語なんだから、紘子の主張がすべてだろ。

紘子は当時、日本で主流だった奏法を指してハイフィンガー奏法と呼んだんだから、>>1の主張自体がナンセンス。

43ギコ踏んじゃった2010-06-09 22:37:42

中村紘子は問題提起をするために、当時、日本で主流だったピアノの弾き方に

ハイフィンガー奏法というレッテルをつけたわけだ。

それじゃ、当時のピアノ奏法の何が問題だったのか?というと・・・

実は、問題は手の形なんかじゃないんだよね。

手の形が問題なら、それこそ>>1が言うように、ポゴレリチも

指をクの字に曲げて弾いてるという話で終了するわけ。

そうじゃなくて、当時のピアノ奏法の問題というのは出来るだけ

固定したポジションで弾かせてたことにあるんだ。

だから、脱ハイフィンガーの運動が起こったときにまず真っ先に普及したのが

「手首は柔らかく使いましょう」

という指導だった。

指を伸ばすべきか、曲げるべきかなんてのはそれよりずーっと後の話だね。

しかも、「好きにすればいいじゃん」の一言で瞬殺された程度の話題だね。

11ギコ踏んじゃった2010-06-08 08:02:16

「ピアノを弾く身体」収録の大地論文にかなり問題があると思うが、

実際に中村紘子が教わり、使っていた「ハイフィンガー奏法」は、

高い位置から指を垂直に鍵盤に叩きつける奏法で、こんな奏法は日本で

広く一般的に教えられたことなどはなかった。若い頃の中村紘子の演奏

を見たことがあればすぐ分かる。

14ギコ踏んじゃった2010-06-08 10:45:20

>>11

違うよ。ハイフィンガーを教えていたのではなく、「いろんな奏法を教えてもらえない」

結果として、子供時代にならった「ハイ指を上げて、おろして・・・」のまま

成長してる子が多いだけ。

小山みちえなんかまさにそれ。

内田光子も、モーツァルトはカッチリしたタッチで弾いてるけど、ドビュッシーや

ショパンでは弾き方自体が変わる。こんな当たり前の話はみんな知ってる。

あとバルビゼのメソッドは指の動作だけでは打鍵しない。手首を同時に使って、衝撃を

吸収しろ、と教えている。「指だけで弾くからベロフのバカみたいに手を傷めたりするんだ」

「ポワント(手首による衝撃吸収)を使えばそんなことにはならん」という名言があるw

個人的には、無理なく、どこか痛くなったりせず、よい音色で演奏できるなら

どんな奏法でもかまわんだろうと思う。個人差が大きいので、「あの奏法はいい」

「これはダメ」みたいな教条的な奏法論は、本来意味をなさないはず。要は、

指ではなく耳を鍛えなさい、という話に収束する。

12ギコ踏んじゃった2010-06-08 08:16:28

昭和初期の久野久は、指を叩きつける奏法だったのかな?

66ギコ踏んじゃった2012-04-04 18:56:31

>>14

超亀レスだけど、ポワントじゃなくてポワニエだよね

そのポワニエの練習なんだけど、青柳女史の説明だといまいちピンとこないんだよな

ポワントを履くような運動してたからかもしれんがw体の動きを言葉に

置きかえたときの捉え方が違うらしく、図でもないとピンこねー

手首を90度引き上げるってのが??

上げるんだからヘビが鎌首もちあげた感じなんだろうけどね

22ギコ踏んじゃった2010-06-08 21:50:53

井口派=ハイフィンガーということ?

それと、小山実稚恵さんはそうなの?

33ギコ踏んじゃった2010-06-09 09:16:25

>>22

一応井口基成氏の孫弟子だが、別に(ここで言われる意味での)

ハイフィンガーを強要されたことは、一度もないよ。

27ギコ踏んじゃった2010-06-09 00:14:36

繰り返すが指を卵形にして鍵盤と指が直角に当たるように弾くのはハイフィンガー

奏法ではない。欧米でも今でも普通に教えられている。大地論文ではそれも

ハイフィンガー奏法の一種であるように読めてしまう部分がある。

37ギコ踏んじゃった2010-06-09 19:22:15

>>33

もしかすると桐朋のピアノ科のような狭い範囲で一時期「ハイフィンガー」の

練習をさせられたといったことならあったかもしれないが、日本のバイエル・

ツェルニー程度の初等教育で広く「ハイフィンガー」の練習が強制されたなどと

いうことはまずあり得ないね。井口氏の影響力だってそこまで絶大じゃない。

41ギコ踏んじゃった2010-06-09 21:19:34

>>37

> 井口氏の影響力だってそこまで絶大じゃない。

今の人はそう思うだろうが、昭和30年代くらいまでは凄まじい存在感だったよ。

38ギコ踏んじゃった2010-06-09 19:30:29

それから「いわゆるハイフィンガー奏法」で忘れてならないのはキーシンな。

hhttp://www.youtube.com/watch?v=biMh8lJt8Js

49ギコ踏んじゃった2010-06-11 00:48:26

そう言えば、鍵盤が重いからと言って筋肉トレーニングとかやってる独学者もいるらしいね。

俺はその話を聞いて

「ピアノは幼稚園児でも弾いてるじゃんw」

とレスしようかと思ったんだけど、

可哀想だから止めてあげたんだw

51ギコ踏んじゃった2010-08-04 01:01:47

このスレッドもっと有名にしてほしいよな。

重力奏法ばかりもてはやされていて

指を曲げて弾いているだけで白い目で見られる風潮どうにかしてくれ。

52ギコ踏んじゃった2010-11-06 10:59:15

>>49

筋力より脱力が大事、ってことがわかってないんだろうねえ。

真珠の先生のところに行ったりすると、変な筋力トレーニングさせられるんだけど

あの先生のような「音量が出ないとプロにはなれない」という志向は、子供を

萎縮させちゃうからやめさせるべき。そもそも日本人の女子がどんなに頑張っても

出せる音量は高が知れてる。

>>51

重力奏法こそ筋力がいるんだよね(打鍵ではなく、腕を支えるために)。

あれは男性でないと厳しい。

結局、良い音色で、無理なく弾ければ奏法はどうでもいいんだけどね。

指のことばかり言うバカ(断言しますがバカです)が多いですが、奏法に問題

あるひとは、たいてい椅子の高さがおかしいです。椅子を合わせれば自然に

無理のない奏法になっちゃったりする。ピアノ教室の発表会見てるとおもしろいよ。

弾き始める前に座り方で上手い下手がわかるからw

53ギコ踏んじゃった2010-11-15 10:40:34

筋トレがどんなものか分んないから何とも言えないけど筋肉は必要だろ。

重音のトリルを普通のトリルみたく弾けるピアニストってみんな前腕の筋肉凄いじゃん

パンチみたく(力いっぱい叩きこめって意味じゃないよ)打った後は脱力しないと腕を痛めるし次の動作も遅れるけど

打鍵する時は力を入れる必要があるし、その力を出す筋肉が足りなければ筋トレ的な練習をする必要があるだろ

まぁ小さい頃からしっかり基礎練してれば自然と筋肉も付いてるだろうけど

指が疲れるのは脱力しないせい、脱力さえすれば何時間でも楽に弾けるみないな事言ってる人はどうかと思う

そりゃ無駄な力が入ってれば長時間弾く事は出来ないけど、そもそも初心者は筋肉も足りてない

60ギコ踏んじゃった2010-11-19 15:34:18

>>53

激しく激しく同意!!

62ギコ踏んじゃった2010-11-26 23:16:15

指ばかりで弾くな、重力奏法は指なんか使わない

脱力脱力脱力脱力言う人も全く信用ならない。

65ギコ踏んじゃった2012-03-05 17:33:47

hhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm16637704

コレ何奏法?

67ギコ踏んじゃった2012-04-05 09:51:40

>>64と>>65が1年半近く開いてる件ww

69ギコ踏んじゃった2013-11-29 07:30:28

上級者向けの複雑な曲になると指を寝かせたり

重力奏法にならざるを得ないわけで

ハイフィンガー時代でも自然とそうしてたんじゃね

それがハイフィンガーはダメと重力奏法絶対主義になって

初期の段階から重力奏法で弾くものだから、激しい曲になると

骨抜き演奏になってしまってるピアニストが多い

最初のうちはハイフィンガーで指の力をつけた上で重力奏法に

シフトしていくべきだと思う

85ギコ踏んじゃった2017-03-10 18:02:41

シンフォニア15

hhttps://youtu.be/0L4D20f13nY

なるほど

88ギコ踏んじゃった2017-05-18 22:50:02

>>85

バッハの演奏だったら,こういう動画を見るべきだと思う

hhttps://www.youtube.com/watch?v=0hFt2a-hhWY

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする